理系男子の晩酌日記

今年もこの時期が来た!いくらの醤油漬け!

time 2016/10/03

今年もこの時期が来た!いくらの醤油漬け!

こんばんは。よっしーです。
今週も一週間が始まってしまいましたね(T_T)
いよいよ秋色が強くなってまいりました。ということで今日は今が旬! 「いくらの醤油漬け」 を作って行きたいと思います!

20161003_ikura_1

 <材料>

  • 筋子
  • 醤油 大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • 酒 大さじ2
  • 白だし 大さじ1
  • 昆布つゆ 大さじ1 (これはなくてもいいです)
  • 昆布

 

 <レシピ>

  1. まずは筋子からいくらをバラす作業を行います。これは網を使うなど様々な方法があるので、ご自身の好みの方法で行って頂いて結構です。一応私の行った方法を書いていきます。
  2. まずぎりぎり触れる位熱いお湯を鍋に用意して、その中にザルを入れて適当に塩をぶち込みます。そして筋子も入れます。そして手で適当に筋子を揉みほぐしていきます。お湯の温度が丁度良いと筋子の薄い皮の様なものが縮んでほぐしやすくなると思います。しばらく頑張って、筋子の大部分をほぐします。手で取れる大きな皮は取り除きます。
  3. 大体のいくらが解せて、大きな皮を取り除いたら、手で全体をかき混ぜます。すると小さな皮が上の方に上がってくるので、その皮と一緒にお湯を捨てます。そして水を追加して同じ作業を繰り返して、全体の小さな皮を取り除いていきます。いくらにしっかりとくっついてしまっている皮も、水を切ったときに丁寧にとっておきましょう。何度も繰り返していると塩分濃度が下がっていくらが白くなってきますが気にしなくて大丈夫です。
  4. 小さな皮も取り除けたら水を切っておきます。そして漬けダレ作りに移ります。
  5. 鍋に、醤油、みりん、酒、白だし、昆布つゆ、昆布を加えてひと煮立ちさせて火を止めます。各々の好みで味は適当に調節して下さい。
  6. タレが冷めたら、タッパー等の容器に移し、ここにいくらを投入します。
  7. 3時間~2日程漬ければ完成!!浸かり具合も各々で調節して下さい。

 

いやー、ついにやってきましたね、この季節が!

食欲の秋!

スーパーに行ったら筋子が安かったので速攻手に入れてしまいました。

どうしていくらの醤油漬けってこんなに美しいんでしょうね。これぞまさしく海の宝石箱や~。笑

今晩漬けたばかりなので本当はもう少し寝かせておきたいところなのですが、、、浅漬かりのいくらを早速小さな丼にして食べちゃいました!

20161003_ikura_2

味は勿論最高!口の中でいくらがプチプチと弾けて濃厚なエキスがお口いっぱいに広がりました。

食欲の秋、最高!鮭よ、ありがとう!

今週はこのいくらを使った料理攻めでいきます!楽しみにしていて下さい!

それでは!

 

down

コメントする