理系男子の晩酌日記

原点回帰!?和牛のカルパッチョ!

time 2016/10/06

原点回帰!?和牛のカルパッチョ!

こんばんは。よっしーです。
昨日、和牛のたたきを紹介しましたが、あれ? 焼く前の肉に対して出来上がった量少なくない? と思った方いらっしゃるでしょうか。
実は、お肉を半分ほど使って 「和牛のカルパッチョ」 を作っていました!
今晩はそちらを紹介したいと思います。

20161006_gyx_carpa_2

 <材料>

  • 和牛(もも肉、今回はトモサンカクを使用)
  • かいわれ大根
  • パルミジャーノ・レッジャーノ
  • マヨネーズ
  • オリーブオイル
  • パセリ
  • ブラックペッパー
  • すだち(レモンでも可)

 <レシピ>

  1. まずは昨日のレシピと同様ですが、和牛の表面を炙ります。フライパンにオリーブオイルを敷き、煙が出るまで熱し、お肉を投入して表面だけを全体炙ります。今回はお肉の内側に火を通したくないので、冷蔵庫から取り出した直後のお肉を使用しました。
  2. お肉が焼けたら一度、アルミホイルに包んで冷蔵庫で寝かせます。
  3. 寝かせている間に他の準備を行います。まず、かいわれ大根の下ごしらえを済ませます。
  4. 次に、マヨネーズソースを作ります。と言っても今回はマヨネーズを延ばすだけで、マヨネーズ適量にオリーブオイル、すだち果汁を適当に入れて混ぜ、ちょうど良い粘度になるよう調整します。
  5. 冷蔵庫からお肉を取り出し、焼けている部分を切り落とします。こうする事で比較的安全に生のお肉を食べることができます。お肉を薄切りにしてお皿に並べます。今回は細長くなってしまったので横に並べてこんな感じになりました!うーん、美味しそうですねぇ。
    20161006_gyu_carpa_1
  6. 上にかいわれ大根を散らし、マヨネーズソースをかけ、パルミジャーノ・レッジャーノを散らします。その上に、パセリ、ブラックペッパーを振りかけ、周りにオリーブオイルを垂らせば完成です!

 

今週はいくら週間とか言っておきながら、今日はいくらから離れちゃいましたね(^^;;

でもでも、とっても美味しそうな見た目じゃないですか?

実際めちゃめちゃ美味しかったですよ!

生肉って衛生上の不安があるので色々と手間がかかるんですが、禁断の美味しさって感じですよね〜。

ところで、なんで今日のタイトルが原点回帰かって言いますと、カルパッチョって元々、牛の生肉の薄切りにパルミジャーノ・レッジャーノをかけた料理だったそうなんですね。

カルパッチョって聞くと魚を思い浮かべる方が多いかと思われますが、魚のカルパッチョは日本人のシェフが考えて海外に逆輸入されていったらしいです。

ってことで私もつい最近知った豆知識でした!笑

それでは!

down

コメントする